ブルガリブルガリの中でも、とってもレアな限定商品です

DSC00647

このモデルは一見しただけで「ブルガリ」とわかる正当な「ブルガリブルガリ」のデザインラインを採用した限定モデルRef.BBW38GLACです。

ブルガリブルガリの限定品であることを示す「」LIMITED EDITION」の文字が6時の位置に刻まれて、腕時計本体とバックル部はホワイトゴールドで作成されたとても希少なモデルです。

そして、機械式腕時計がお好きな方には堪らないトリプルカレンダー、レトログラード秒針、ポインターデイトを搭載したプチコンプリケーションモデルで、更に裏側はバックスケルトンにもなっており、美しいムーブメントが眺めることが出来ます。

用語がチンプンカンプンという方の為に少し解説を加えると

  • トリプルカレンダー:月と曜日が表示
  • レトログラード秒針:ゼロ秒からスタートし、30秒のところまで秒針が動くと、最初のゼロ秒から始まる仕掛け
  • ポインターデイト:日付が時分針のように針で示した位置で確認する仕掛け
  • バックスケルトン:腕時計の裏側がガラス仕様になっており、中の機械が見ることが出来る仕掛け

色々とウンチクを書きましたが、つまり、「なかなか出てこない逸品ですよ」ということです。

ブルガリブルガリの動画はこちら

ブルガリのご用命は、アルファ&オメガ

『+1』でグーグル参加

『腕時計いいね!倶楽部』いいね!でフェイスブック参加

お問い合わせ

[contact-form-7 id=”2008″ title=”コンタクトフォーム 1″]

タグ


2016年3月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ブルガリ

セイコーの「ピタゴラスイッチ」-精巧・精緻・精密なパーツの世界に圧倒

セイコーが機械式腕時計のパーツを使った「ピタゴラ装置?」をつくり、動画で「Art of Time」で公開中。

(特設サイト「Art of Time」

47種類、合計1200個のパーツから構成された装置の上で最小0.7mmの部品が踊り、フィニッシュまで一直線。

合間合間の凝った演出も見事です。

撮影総時間は70時間にも及んだそうで…。

ちなみに驚くべきは音楽の作曲はセイコーの服部真二CEOが担当したとか…。

凄すぎますね。

腕時計パーツの詳細はこの映像の最後で解説されます。

パーツの勉強にもなりますので機械式腕時計がお好きな方には必見の動画ですね。

SEIKO ブランド・ミュージックビデオ “Art of Time”

セイコーのご用命は、アルファ&オメガ

『+1』でグーグル参加

『腕時計いいね!倶楽部』いいね!でフェイスブック参加

お問い合わせ

[contact-form-7 id=”2008″ title=”コンタクトフォーム 1″]

タグ


2016年3月15日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:セイコー

このページの先頭へ

イメージ画像